小悪魔ageha流:花魁風の振袖着付け

荒木さやかプロデュースのマツエクサロン


花魁(おいらん)で着付けしてもらう時の注意点は?

着物agehaでもお馴染みの花魁振袖に、最近流行の兆しが!

 

agehaファンなら成人式に花魁の振袖を着たい!と思う人もいるはず。
でも、花魁で着るには気をつけなくてはいけないことがあるのでチェックしておきましょう!

 

振袖(着物)の作り自体が違うので注意!


実は、普通の振袖では花魁で着るのがちょっと難しいんです。

 

というのは、花魁は両肩を出して背中が出るように
衿(えり)を広げて着付けしますが、
普通の振袖だと衿の長さが足りなくなってしまうんです。

 

普通の振袖でも、振袖ではない着物よりも
衿を後ろに引っ張って(衿を抜くといいます)着付けしますが、
それ以上に衿を抜く必要があるので、
花魁振袖は衿を長くして作ってあります。


つまり、花魁振袖は花魁の専用品ということですね。
ですので、成人式だけ、1回だけ着てみたいというなら、レンタルのほうをオススメします。

 

普通の振袖を花魁風に、衿を多く抜いて胸元を広げて着付けることはできます。
(衿の長さが足りないので、完全な花魁にはできませんが。)
別ページで解説します。

 

「花魁で着付けして欲しい」と言っても通じない!?

agehaファンなら花魁着付けといえば通じますが、
おばさんの美容師や着付師だと話が通じない可能性があります。
(ミニスカ着付けはなおさら通じません。)

 

ですので、もしおばさんの美容院などで花魁振袖で着付けてもらうなら、
予約する時に「両肩を出して、帯は前結びで花魁のように着付けてください」と言ってみてください。

 

着付けできない美容師、着付師なら、その時点で断るはずです。
ダメだったら、若い美容師さんがいる美容室を当たってみましょう。
予約は早い者勝ちなので、早め早めの行動が大事です。

 

 

美容院の予約は済んでいますか?


関東 | 関西 | 東海 | 北海道 | 東北 | 北信越 | 中国 | 四国 | 九州・沖縄


成人式は一生に一度きり。意外に失敗してしまうのが、美容室の予約です。
成人式の美容室予約は、早ければ1年くらい前から予約している人もいるほどです。
どうしても予約が集中してしまうので、成人式までに余裕がある時間帯を選んで
早く予約するようにしましょう。

予約するのが遅ければ遅いほど、朝早い時間帯や成人式ギリギリの時間しか空きがなくなります。
朝5時くらいしか空いていないなんていうこともありますので、予約だけは早くしておきましょう。
着る振袖が決まらなくても、美容室の予約は可能です。ネイルの予約も忘れずに。